舞鶴バドミントン協会規約


     第1 章   名 称 及 び 事 務 局

第1条   この会は、舞鶴バドミントン協会という。(以下協会という)
名 称

第 2 条   この会の事務局を理事長宅に置く。
事務局

     第 2 章   目 的 及 び 事 業

第3条   この会は、舞鶴市のバドミントン競技の健全なる発展と普及を計り、
目 的   市民の体育向上と相互の親睦を図ることを目的とする。

第4条   この会は前条の目的達成のため、次の事業を行う。
事  業
      (1) 競技大会
      (2) バドミントン競技に関する講習会及び研究会
      (3) その他この会の目的達成に必要な事業

     第 3 章   会 員 の 資 格

第 5 条   この会は、舞鶴市に在住又は在勤する者で、協会の主旨に賛同し規約に
会員の   もとずき会員登録をした者とする。
資  格
    2, 会員の資格は前項に定める他、理事会の議を経て別に定める。

     第 4 章   役 員

第6条   この会に次の役員を置くことが出来る。
役 員   会   長1名  副会長 1名 理事長 1名   副理事長 1名
      総務委員長1名  会 計 1名 理  事 若干名 会計監査 2名

    2, 協会は必要に応じ顧問を置くことができる。

第 7 条   役員の選出は次の方法によるものとする。
役員の
選 出   (1) 会長及び副会長は理事会で推薦し、総会の承認を得る。
      (2) 理事長及び副理事長は総会で選出する。
      (3) 総務委員長及び理事は、協会に所属する会員及びその他の
           経験者より総会において選出する。
      (4) 会計は総会において理事の中より選出する。
      (5) 会計監査は、登録クラブより2名選出する。
      (6) 幹事は、各クラブの責任者とし3名以内とする。

     第 5 章   役 員 の 任 務

第 8 条   役員の任務
役員の
任 務   (1) 会長は協会を代表し、会務を統括する。
      (2) 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時は職務を代行する。
      (3) 理事長は会議を主宰し、会の運営に当たる。
      (4) 副理事長は理事長を補佐し、理事長事故ある時はこれを代行する。
      (5) 総務委員長は会の総務を統括し、競技会の運営を主宰する。
      (6) 会計は協会の経理全般を担当する。
      (7) 理事は各種事業を運営遂行する。
      (8) 会計監査は年度末に監査し、監査結果を総会に報告する。
      (9) 幹事は各職域及びクラブを代表し、協会の事業運営に協力する。

   (9) を除く役員の任期は2年とし再任を妨げない。

     第 6 章   執 行 機 関

第9条   協会の執行機関は、役員会、理事会、総会とし、必要に応じ専門委員会を
執 行   設けることが出来る。
機 関

第10条   総会は、協会の議決機関とし役員及び各クラブの幹事で構成し会長が
総 会   これを招集する。

    2, 総会は、毎年度当初に開催する。
           但し、必要に応じ臨時に開催することが出来る。
    3, 総会議長は、クラブ幹事より選出する。

第11条   総会は、次の事項を審議決定する。
審 議
事 項   (1) 前年度の事業報告および会計決算報告
      (2) 新年度の事業計画
      (3) 新年度の予算
      (4) 規約の改廃及び役員の改選
      (5) その他重要事項

第12条   役員会は、会長・副会長・理事長・副理事長・及び総務委員長で構成し
      役員会 第2章で定められた事項について審議し理事会に発議する。

第13条   理事会は正副会長及び理事をもって構成し理事長が招集する。
理事会   総会及び役員会より委任された事項及び第4条に定められた事業の審議
     執行にあたる。議長は、理事長がこれに当たる。

第14条   専門委員会の設置は、役員会の議決を経て会長が定め、専門事項を協議し、
専 門   協議結果を理事会へ提出する。又理事会の委任を受けた事項についても執行
委員会   の任に当たる。

第15条   会議は、すべて構成員の3分の2以上の出席を必要とし、議決は
議 決   その3分の2以上で決するものとする。
要 件   但し、委任状を含むものとする。

     第 7 章   経 理

第16条   協会の経理は、登録料・参加料・補助金・寄付金その他の収入をもって
経 理   これに充てる。
    2, 本会の会計年度は、4月1日に始まり翌年3月31日までとする。
    3, 会員登録は、正会員及び準会員共1名年間500円とする。

     第 8 章    準会員の資格

第17条   第5条2項の規約により、準会員の資格を次の通りとする。
準会員
 の     (1) 中学生・高校生・高専生及び大学生
資 格  (2) 福知山・綾部・宮津・網野等他都市の選手
     (3) 元当協会の会員で他都市へ転出した者
    2, 準会員は、級別団体戦以外全ての大会に出場できるものとする。
    3, 準会員は役員の資格および総会への出席資格を有しない。


     第 9 章    会員の登録

第18条  会員の登録は年度毎に行うものとし、クラブに所属することとする。
準会員  ただし、「フリー」として個人登録を行うことができる。
 の  
資 格  2,当該年度にクラブ名及び他クラブへの変更は認めない。
     ただし、特別の事情がある場合は、理事会の議を経て変更する事が
     できる。


     第10章   表   彰

第19条  表彰は下記の通りとし、表彰状及び副賞を授与する。
表 彰
    1, 正副会長及び理事長、理事を長年にわたり務めた者。 
    2, 内外の競技会に於いて、優秀な成績を収めた個人及び団体。
    3, バドミントンの普及、および指導に功績のあった個人及び団体。
    4, 表彰は、各クラブの推薦及び理事会の推薦により理事会で決定する。
    5, 被表彰者は正会員とする。
    6, 表彰規定細則は別に定める。


     第11章   旅費及び日当

第20条  役員等の出張について旅費及び日当を支給することが出来る。
旅  費
    1, 旅費は、JRの料金を基準とする。
    2, 日当は1日1000円とする。
    3, 支給範囲は、舞鶴市外とし個人の出張を基準とする。


            附 則

第1条  この規約に定めのない事項及び規約の施行に関し、必要な細則は
     理事会の議決を経て会長が定める。

第2条  この規約は平成27年4月1日から施行する。

42.5.22改正  46.4.10改正  51.3.13改正  52.3.25改正  57.4.10改正
59.3.24日改正  61.3.29改正 H21.3.31改正(表彰規定同細則、旅費規程新設)
H27.3.31改正(会員の登録新設)



    表彰規定細則


第1項  功労賞

   (1) 本協会の会長及び副会長を、概ね15年以上にわたり務めた者。
   (2) 本協会の理事長・副理事長・理事を概ね15年以上務めた者。
   (3) バドミントン競技の普及、振興及び発展に功績のあった者。
      (選手の指導、育成、強化、組織及び大会運営
                  その他これに準ずる事項とする)
  (4) 前1~3項と同等の功績があり理事会で認めた個人及び団体。

第2項  優秀選手賞(団体)

  (1) 全国大会に出場し優秀な成績を収めた個人及び団体。
  (2) 近畿大会に出場し優秀な成績を収めた個人及び団体。
  (3) 本協会の主催する総合個人戦及び団体戦において5年以上連続
      して優勝した個人及び団体。
  (4) 前1~3項と同等の成績があり理事会が認めた個人及び団体。
  (5) 被表彰者の個人及び団体は、本協会の正会員とする。